つや姫のパッケージやロゴが違うと中身は異なるのか?

このサイトはアフィリエイト広告(Amazonアソシエイト含む)を掲載しています。

つや姫は、生産している都道府県ごとにブランディングされています。そのため、使われているロゴが全て異なるため、パッケージにも違いが出ます。つや姫のパッケージが違うと中身も違う?そんな皆様のご質問にお答えしたいと思います。

目次

パッケージが違うと中身が違うのか?

結論からいうと、そうとは限りません。パッケージ、つまり袋は、例えば、山形県産つや姫の中でも独自のブランドを持つプレミアムつや姫では独自のパッケージを使っていることがあります。しかし、山形県産つや姫のパッケージは、市販品があり、袋業者から購入することが可能です

そのため、同じパッケージのつや姫が百貨店などに並んでいるというのは、市販品のパッケージを使われているからです。逆に、同じ生産者のつや姫の出荷でも、在庫によってパッケージが異なる可能性があります。

加工品ではないことや農家個人が出荷するお米では、パッケージを統一しているわけではありません。

各都道府県のつや姫のロゴの違い

各都道府県ブランドのつや姫のロゴの違いは以下の通りです。特定の生産地のロゴ入りのパッケージはその地で生産されたつや姫にしか使えません。

山形県

宮城県

島根県

大分県

プレミアムつや姫のそれぞれのパッケージ

たたら焔米

たたら焔米は、島根県雲南市の恵まれた自然環境が育む、まさに極上のお米です。その最大の特徴は、一粒一粒が大きく、均一に炊き上がること。この大粒が生み出す食感は、他のお米とは一線を画します。

口に含むと、まず感じるのはそのモチモチとした食感。大きな粒がしっかりと歯に感じられ、その食感は一杯食べ終わるまで続きます。そして、その食感と共に広がるのが、お米本来の旨味と風味。一粒一粒が持つ深い味わいが、食事の時間を一層楽しいものにしてくれます。

また、たたら焔米の特筆すべき点は、冷めてもその美味しさが変わらないこと。大きな粒がしっかりと水分を保持し、旨味と風味、そしてモチモチの食感をキープします。お弁当に入れても、その美味しさはそのまま。冷めても美味しいたたら焔米は、お弁当作りの強い味方となることでしょう。

プレミアムつや姫(特別栽培米)

JA山形市の研究会のメンバーで生産されているプレミアムつや姫です。

まとめ

つや姫のパッケージは市販品がありますので、違いは、生産者、精米者の記載がパッケージの裏面にありますので、そこを確認するようにしましょう。同じ生産者でも、ブランドに強いこだわりがなければ、全く違うパッケージを使うこともあります。

ロゴは、その地のロゴが決まっており、たとえば、山形県で生産したつや姫を宮城県のロゴが入ったパッケージに入れることはできません。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次