ふさこがねがまずい?原因と食味・類似のお米の紹介

このサイトはアフィリエイト広告(Amazonアソシエイト含む)を掲載しています。

千葉県産ふさこがねは、ディズニーシーの和食レストランにも使われている品種です。人気レストランであり、私も食べましたが、決してまずい品種ではありません。しかし、「ふさこがね まずい」などのネガティブなキーワードで検索されており、新潟県産新之助と比べても、その検索数は多いです。

ふさこがね まずい480
新之助 まずい80
Google検索ボリューム調査(Googleキーワードプランナーより)

では、なぜまずいと評価されてしまうのでしょうか?その理由について解説したいと思います。

目次

ふさこがねとは?

ふさこがねは、いわゆる早稲の品種であり、8月中旬に収穫が始まる品種です。また、ふさこがねは、多収量であり、量がとれるお米として、千葉県内のシェアが12%程度あります。また、日本穀物検定協会の評価は、Aです。

品種の特性は以下の通りです。

  • 大粒で高温でも未熟粒の発生が少なく品質は良好である。
  • コシヒカリ並の食味
  • 耐冷性は、ふさおとめ並で極強である。
  • いもち抵抗性は、ふさおとめ、コシヒカリより高い。
  • 成熟期は、ふさおとめより5日遅い中生品種
  • 収量が多い。
  • コシヒカリより倒伏に強い。

つまり、コシヒカリよりも量がとれるし、倒伏にも強いため収穫しやすい生産上のメリットが大きい品種と言えます。令和2年の相対取引価格は13,550円で、千葉県産コシヒカリは14,512円です。収量が多いことや知名度ではコシヒカリに劣ることもあり、市場では業務用推奨のお米として流通しています。

「ふさこがね まずい」などのネガティブワードで検索されている理由は?

ふさこがねは、和食レストランでも使われているため、決して評価の低いお米ではありません。それにも関わらず、「まずい」などネガティブな検索数が多いのは、以下の点があると思われます。

また、お米の美味しい、美味しくないに関しては、生産方法、品種、天候以外に、炊き方もあります。釜が悪いは十分に美味しいお米の評価も下げる要因です。他の品種のお米を炊いた時に美味しかったら、品種の問題です。

ブランド米ブームであり、相対的に多収米が食味で劣る。

ブランド米は、生産農家や圃場を指定しています。生産方法も農薬・化学肥料に制限があり、タンパク質量を調査するなどして、食味を補償する仕組みがあります。それに対して、収穫量を重視した品種には、細かな制限がありません。

ブランド米は、いまや1都道府県ごとに1品種以上ありますので、一般でも流通しています。そのため、〇〇に比べると甘味や粘りが少ないという評価があっても不思議ではありません。

保存方法に問題がある。

価格が安く、収量が多いということは、業者の方針にもよりますが、冷蔵庫に入っていない可能性があります。お米の保存は、低温保存が基本であるため、農家直送米では、冷蔵庫を用意し、一定の気温を保っています。しかし、冷蔵庫には容量があることもあり、取引価格がやすいお米は在庫も多いことから冷蔵庫にはいれず、倉庫で室温保存していることもあります。

生産者が違うお米が混在している可能性がある。

Amazonレビューなどで低評価されているものをみると、「開封後は美味しかったが、途中から粒が揃っていない」「スーパーで購入したふさこがねは美味しかったが、通販で購入したふさこがねは美味しくなかった」という評価が目立ちます。

一般的に卸されたお米は、農協などで集荷されます。その過程で、袋詰めせずに、籾殻の状態でカントリーエレベーターと呼ばれる施設で集荷されることがあります。つまり、その土地で生産されたことがわかりますが、生産者がわかりません。生産方針は、農家ごとに異なりますので、違った品種が混在します。

業務用に生産されたお米は、どうしても収量が重視されますので、食味が落ちるような生産をしている農家もいます。そのため、食べていて味に安定さがないと感じることも十分にありうることです。

ふさこがねを美味しくいただく方法

前述の通り、ふさこがね自体は、和食レストランに採用されているため、白飯で食べられています。業務用米は、ブランド米に比べると、甘味や粘り気に自己主張がないため、お米が主役というわけではなく、主菜の脇役になりやすいです。

例えば、焼き魚やとんかつなどと一緒に食べた時は、ご飯がどんどん進むことでしょう。

またご飯のお供としては、味の強い海苔と一緒に食べたり、丼ものとして調理をすると美味しくいただけると思われます。

ふさこがねの購入方法と他におすすめの品種とは?

基本的に美味しいお米を食べたいのであれば、スーパーではなく、農家から直接仕入れのあるお米屋さんか農家直送米の2択です。しかし、千葉県産ふさこがねは、収量が多いことが生産するメリットの一つなので、あまり直販をするメリットがないことがあります。

ふさこがねは非常にリーズナブルで、ブランド米5キロと同じくらいの価格で、10キロを購入することができます。ふさこがねの食味は、粒が大きくさっぱりとしているため、口に合わなかった時は、他の系統のお米を試すのが良いかもしれません。

山形県産はえぬきは、同じく業務用のお米として流通しており、安く購入することができます。はえぬきの食味は、粒感と粘り気のバランスが良くさっぱりしています。大手コンビニの弁当や寿司チェーンのシャリに使われる品種です。

兵庫県産ヒノヒカリも安価で流通しているお米です。ヒノヒカリの食味は、はえぬきと同様で、硬さは中程度で、粘り気がふさこがねに比べると強めです。西日本ではポピュラーなお米です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次