コーヒーの抽出方法

コーヒーの抽出方法の種類と味の関係とは?おすすめの方法とは?

コーヒーの豆を選び、コーヒーを挽いたらいよいよコーヒーの抽出です。

美味しいコーヒーのイメージは、この抽出方法をこだわっているコーヒーの印象が強いですよね。

もちろん、この抽出方法次第で、コーヒーに雑味が出ることがあります。

美味しいコーヒーを飲むためには、どのような抽出をするのが一番良いのでしょうか?

コーヒーの抽出に関わる味わいのポイント

コーヒーには、チェリーの酸味やコーヒー独特の心地よい苦味だけが入っているわけではありません。

いわゆる雑味がする成分も入っています。

この抽出は、雑味を入れず、心地よい成分を調整して出すのが腕の見せ所と言っても良いことになります。

抽出温度

低音の場合は、酸味が抽出されやすく、苦味成分は高温でなければ抽出しにくい傾向があります。ただし、高温で抽出される良質な酸やさわやかさがあります。

特に良質なコーヒー豆を楽しむためには、抽出方法によって異なりますが、ペーパードリップの場合は、92度前後のお湯を使いますし、フレンチプレスの場合は、沸騰直後のお湯を使います。良質な酸が個性につながります。

抽出時間

時間によって抽出される温度は、酸味が先に出て、苦味成分が後から出る傾向があります。

蒸らす時間などが必要なのは、コーヒーの美味しい成分を余すことなくいただくため必要なものになります。



浸漬式と透過式の抽出方法

コーヒーの抽出方法には、主にこの2つがあります。

浸漬式は、お湯にコーヒー粉を浸して成分を抽出する方法。そして、透過式は、コーヒー粉にお湯を通過させることで、成分を抽出する方法です。

一般的に使われている抽出方法のフレンチプレスは浸漬式で、ペーパードリップは、透過式の抽出方法になります。

美味しいコーヒーをいただくためには、それぞれによります。なぜなら、美味しいは主観的な感覚だからです。私が美味しいと思っているものも妻が美味しいと感じないことがあるのと同じです。

しかし、スペシャルティコーヒーのようなプロの味覚でランク付けされているようなものは、その豆の成分を余すことなく抽出するのがいいとされています。

そのため、ペーパードリップは、コーヒー豆のオイルを吸収しますので、美味しいコーヒーを飲むには、フレンチプレスが良いとされています。

浸漬式

抽出方法 特徴 概要 商品例
フレンチプレス ・香りや口当たりが良い。
・オイルが豊富に味わえる。
・手順が簡単で技術がいらない。
参考コーヒーの淹れ方
量や時間を守れば、安定した香味を再現できる。
コーヒーの個性をダイレクトに感じること
ができ、コーヒーの旨味とされる
コーヒーオイルを楽しむことができる。
サイフォン ・高温短時間抽出により、香りが際立つ。
・温度により味の変化が楽しめる。
・視覚的に楽しめる。サイフォンでの抽出は味の期待が大きい。
沸騰させたまま抽出しますので、香りが高く、温度が下がる過程で味が変化します。
手入れが難しく一般家庭向けではない。

透過式

抽出方法 特徴 概要 商品例
ペーパードリップ フレンチプレスに比べるとクリア
手入れが簡単
器具が比較的安い
ペーパーフィルターがオイルを
吸着させるため、味わいが爽やかに。
手入れが簡単ですが、お湯の注ぎ方に
よって雑味が増す可能性も。淹れ手の
技量が必要。
ネルドリップ まろやか
甘さを感じる味わい
淹れ方の自由度が高い
ネルを通すことで生まれるまろやかさや
口当たりが特徴。ペーパーに比べると
透過の速度が早く、より技術が必要とされる。
おすすめ 金属フィルター 程よくコーヒーオイルが透過する。
豆の特徴をダイレクトに抽出
手軽でゴミが少ない。
メッシュが金属であるため、
コーヒーオイルが程よく透過する。
コーヒーの特徴が出やすいですが、
質の悪いコーヒー豆を使えば、
欠点も出やすい。

その他

抽出方法 特徴 商品
エスプレッソマシン エスプレッソを楽しめる。
スチームによって、カプチーノも淹れることができる。
(ファミマ、ローソンのコーヒーがこの方式)
マキネッタ 低コストでエスプレッソを楽しめる。
泡はできず、濃いめのコーヒーとエスプレッソの中間が楽しめるイメージ

ペーパードリップ

一番メジャーなコーヒー豆から淹れたコーヒーの抽出方法です。

手入れも簡単。ペーパーフィルターをゴミ箱に捨てるだけ!

ただし、ペーパードリップは、奥がとても深い抽出方法で、コーヒーの淹れ手の技量によって香味が変わります。

また、ドリッパーの形状や穴により透過速度が変わるため、自分が使っているドリッパーの特徴を踏まえなければなりません。もちろん、使っているペーパーフィルターによっても吸着率が変わりますので、香味が変化します。

ドリップポットを使用する。

注ぎ口の細いドリップポットは、お湯の調整がしやすいです。また、注ぎ口の形状より、そこまで傾けなくてもお湯を出すことができます。

ポットは、直接火にかけず、やかんなどで沸かしたものを使います。

ペーパーフィルターは、ドリッパーに合わせる。

各メーカーごとにペーパーフィルターとドリッパーを形状や抽出原理を作っているため、専用のものを選びます。似ているものでも、微妙に違いがあり、意図した香味を出すためには、専用製品を選ぶ必要があります。

器具を温める。

器具は、ガラスの場合、温度が下げやすいためコーヒーを淹れる前に温めておきます。

コーヒー粉は、ペーパーフィルターが乾燥している状態で入れるのが良いため、お湯で温めた場合は、拭き取って乾燥させます。

抽出した後のコーヒーはしっかり攪拌する。

コーヒーを最初に抽出したものと最後の方に抽出したものでは、コーヒーの濃度が違います。そのため、そのまま注ぐと、カップによって香味が異なります。

スプーンなどで攪拌してから注ぎましょう。



フレンチプレス

フランスで流行し、紅茶の抽出方法として有名です。

フレンチプレスは、ペーパードリップのようにコーヒーオイルを吸着することがありませんので、コーヒーオイルをそのまま味わうことができます。また、技術も必要なく、クオリティーの高いコーヒーを淹れることができます。

そのため、酸を楽しむスペシャルティーコーヒー豆に向いており、プロのお店に行っても薦められる抽出方法です。

その反面、コーヒーの豆が悪いと、これらの味もダイレクトに伝わってきます。大前提として、コーヒー豆が良い商品であることが前提です。

併せて読みたい美味しいコーヒー豆が購入できるコーヒー専門店一覧

コーヒー粉を入れてならす。

フレンチプレスのふたをとり、ブランジャーを引き上げておく。この時に、タイマーを4分にセットし、ポットに粉を入れてゆする。(ならす)

1湯目を注ぐ

粉全体に行き渡るように、熱湯を注ぐ。ポッドの半分まで注ぎ、注いだと同時にタイマーをスタートさせ、4分はかる。

蒸らす

新鮮なコーヒーの場合は、ガス、粉、液体の3層に分かれます。

2湯目を注ぐ

粉の膨らみが落ち着いて液面が下がったら、のの字を書くようにお湯を注ぐ。ポッドの縁のちょっと下くらいを目安にします。

ふたをして待つ。

ブランジャーをあげたままのふたをし、タイマーがゼロになったら、ブランジャーをゆっくり下げます。

 

 

 





おすすめのウォーターサーバー

注文不要型のウォーターサーバー「ウォータースタンド」

宅配型のウォータースタンドは、結局水の加工費用にお金を支払う形になります。そのため、そこにかかる人件費分価格が高くなってしまい、節約するために料理に使えないなどが問題になりやすい特徴があります。ウォータースタンドは、水道水を濾過し、その水を天然水近い状態にするウォーターサーバーです。お家で濾過を行うため、人件費を節約できる上に、水は使い放題になります。メンテナンスの費用も月額に含まれています。

-コーヒーの抽出方法

Copyright© 生き生きつや姫 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.