お米の贈り物

【下町ロケット】ランドクロウはクボタのアグリロボ?

【下町ロケット】農業ロケットトラクターが本当に売れるには課題が山積みの方でも解説しましたが、帝国重工の無人農業用トラクターのランドクロウは実際にスポンサーのクボタの商品として存在しています。

長澤まさみさんのクボタのCMにアグリロボというクボタの製品が登場しています。

これがアグリロボです。画像はクボタの製品ページより

これから見てもお分かりの通り、ランドクロウはアグリロボの製品名の上からステッカーを貼り付けただけなんですよね。

野木教授や佃製作所の英知を結集した商品ではありませんが、高度な技術を搭載した無人ロボットトラクターとして注目されています。国産の無人トラクターとしては、流通が一番早く2017年です。

アグリロボの特徴は、1人で2台を同時に操縦できるという点です。

例えば、有人操作を一台のアグリロボで行った場合、もう一台を自動で運転することができます。これによって、単純に作業スピードが2倍になるメリットがあります。

販売価格は、RTK基地局の有無によって異なりますが、基地局ありの場合は、1,100万円〜になります。つまり、2台で運用する場合は、2,200万円〜になり、補助金をあてにしても、このアグリロボの性能を体感するためには、一定以上の作付面積がある農業法人でなければ厳しそうです。

また、12月よりアグリロボコンバインも流通開始しており、こちらは、1,570万円〜の流通になっています。





おすすめのウォーターサーバー

注文不要型のウォーターサーバー「ウォータースタンド」

宅配型のウォータースタンドは、結局水の加工費用にお金を支払う形になります。そのため、そこにかかる人件費分価格が高くなってしまい、節約するために料理に使えないなどが問題になりやすい特徴があります。ウォータースタンドは、水道水を濾過し、その水を天然水近い状態にするウォーターサーバーです。お家で濾過を行うため、人件費を節約できる上に、水は使い放題になります。メンテナンスの費用も月額に含まれています。

-お米の贈り物

Copyright© 生き生きつや姫 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.