後悔しないためのウォーターサーバー選び

ミネラルウォーターを購入することが普通になった今では、ペットボトルで購入するとゴミになるし、水も購入先によってはおいてあるものもまばらです。

水は、飲むためのものでもありますが、何より料理などにも使います。間違って購入すると、お米の味が変わったり、お茶の香味が変わったりします。

そこで便利になるのは、やはりウォーターサーバーです。ウォーターサーバーも多種多様になっており、どこと契約すればよいのかもわからないと思いますので、さまざまな角度でおすすめのウォーターサーバーを紹介したいと思います。

ウォーターサーバーとは?

ここ数年、イオンやららぽーとなどの大手ショッピングモールで、加盟をおすすめしていますね。

宅配水と濾過型

ウォーターサーバーは、ウォーターサーバーを無料レンタルし、水を宅配してもらう仕組みになっています。また、宅配水には、なくなったら注文をしなければならないなどのデメリットもあります。天然水ではなく、RO水を宅配している場合、結局自分の家の水道水でRO水を作れてしまえば、注文の手間が省けてしまうため、宅配ではなく、水道水を濾過するタイプのウォーターサーバーも登場しています。

天然水とRO水

天然水とは、文字通りどこかの山麓で採取しているミネラルウォーターのことを言います。それに対して、RO水は、水道水をRO膜と呼ばれる特殊な膜で濾過することで、不純物を取り除いたものです。

安全性ではどちらも同じです。

水とお湯を出すことができる。

コーヒーを飲みたい時に、わかす必要性がありますが、ほとんどのウォーターサーバーは、お湯を出すことができます。そのため、電子ポットが必要なくなりますので、「水を保管するのに電気代?」という疑問ものこの部分でクリアできると思います。

特に、子供が生まれるとミルクを作る頻度が高まりますので、とても便利です。

ゴミが出ない。

ペットボトルで購入すると、ペットボトルの回収時期が週に1回になります。(スーパーなどでの回収を除く)

ただし割高であるデメリットも

ウォーターサーバーの利用料金がかからない場合が多いのですが、水の宅配などの手間賃がかかるため、水の量あたりの単価は割高です。RO水の場合、1Lあたり100円前後、天然水の場合は、1Lあたり140円~150円くらいです。

これを真剣に考えると、結構いいお値段です。そのため、契約したウォーターサーバ次第では、水が料理に使えず、結局水道水を使ってしまうという判断にもなってしまいます。

ウォーターサーバー選びのポイント

何に使うのかを明確にする。

水を飲むだけでしたら、正直どのウォーターサーバーを選んでも一緒だと思います。

飲料水以外に、料理に使うなどもあれば、天然水のウォーターサーバーを選んだら、割高になってしまいます。この場合は、RO水のものを選んだり、飲み放題の濾過式のウォーターサーバーを選んだ方がいいでしょう。

硬度に問題はないのか?

最適硬度
軟水
コーヒー 軟水
お茶 軟水

硬度とは、カルシウムなどのミネラルが水にどれだけ含まれているのかで変わります。ミネラル分が高いと硬水、ミネラル分が少ないと軟水になります。

ミネラル分が多いと、米やコーヒー粉への浸透を阻害します。その結果、成分の抽出がしづらくなったり、炊き上がりが硬くなったりしますので、おすすめは軟水になります。

契約条件をチェックする。

ウォーターサーバーの使用感に大きな違いはあるとは思えませんが、
水の合う合わないはあると思います。

また、設置してみて、スペースなどの不都合が発生する可能性もあります。

試用期間を含めた契約条件を確認しましょう。

ウォーターサーバー会社ごとに、契約の条件が異なる場合があります。

ウォーターサーバーを契約する前に決めることとは?

ウォーターサーバーを選ぶ時は、
事前に調査をしておかないと用意に契約を解除できないので、
失敗したな、、、という判断になりがちです。

まず、契約する前に調査を行うことをおすすめします。

1ヶ月の水の使用量を計測する。

この水の使用量は、飲料や料理に使う水の量です。

ペットボトルで1ヶ月過ごしてみて、
どの程度水を使ったのかを計測します。

これによって、だいたいどのくらいのプランの
ウォーターサーバーを契約すればいいのかがわかります。

オススメのウォーターサーバーとは?

料理に使う、家族が多い、水を大量に使う人は「Coolqoo」



ウォーターサーバーの欠点は、水が割高だということです。

安心するために、水道水ではない水を飲んでいるはずなのに、料理に水道水を使ってい手は元も子もありません。

そのため、使い放題の浄化式のウォーターサーバーがおすすめになります。

それならば、浄水器を購入すればいいという判断になりますが、RO膜を利用しているため、放射性物質を含む物質の除去率が違います。

フィルターの変更を年に1回すれば1年間クリーンな水を飲むことができます。

ただし、性質上、排水量が3倍になるため、水道料金が高い自治体の場合は、かなりの割高になってしまう可能性がありますので、要注意です。

ROろ過ウォーターサーバー「CoolQoo」クールクー

一番近い天然水採取場からスピード配送「ライフスタイルウォーター」



家では料理を行わない、コーヒーやお茶などを飲むことのみを行う人の場合は、天然水型もありです。

ただし、ボトル詰めから経過時間が長くなれば長くなるほど雑菌発生の原因になってしまいます。それを防ぐために、ボトル詰めから配送完了にかかる時間を短くすることが効果的になります。

ライフスタイルウォーターは、日田市、福知山、御殿場など有名採水地からすぐに配送します。放射性物質の検査は定期的に行っています。

また、通常はかかる撤去費用なのですが、飲んでもいないのに判断はできません。そのため、最初の3ヶ月はお試し期間で、撤去費用も無料になります。

3ヶ月お試しキャンペーン





おすすめのウォーターサーバー

注文不要型のウォーターサーバー「ウォータースタンド」

宅配型のウォータースタンドは、結局水の加工費用にお金を支払う形になります。そのため、そこにかかる人件費分価格が高くなってしまい、節約するために料理に使えないなどが問題になりやすい特徴があります。ウォータースタンドは、水道水を濾過し、その水を天然水近い状態にするウォーターサーバーです。お家で濾過を行うため、人件費を節約できる上に、水は使い放題になります。メンテナンスの費用も月額に含まれています。

-

Copyright© 生き生きつや姫 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.