コーヒーギフト

フェアトレードやレインフォレストアライアンスは美味しいの?

フェアトレードという言葉をよく耳にします。

たとえば、大手チェーン店系のカフェなどでは、フェアトレードをたかだかと唄っていますし、コンビニではレインフォレストアライアンスのポスターが貼られています。

これらの認証を見ると、

「品質が良い。」「なんとなく美味しそう。」

こんな印象を受けます。では、これらの認証は、一体なんなんでしょうか?

フェアトレードとは?

まず、フェアトレードについてです。この言葉が注目されたのは、途上国の農業が子供も働かせるという過酷なものだと認知されたときです。

農業は途上国に限ったわけではなく、需要と供給のバランスで取引価格が乱高下します。また、毎年、良い品質の農産物を作れるわけではありません。そのため、農産物の品質次第では、公正な価格で買い取ってもらえない可能性があります。これは、日本も一緒です。

ただし、途上国の場合は、中間マージンをとる業者が多数存在します。また、取引価格も場合によっては、生活ができないくらいまで下がる傾向があり、そのほとんどが中間業者のものになり、生産した張本人のはずの生産者が得ることができる報酬は微々たるものになり、生活できないという問題がありました。

そこで、フェアトレードの仕組みが登場します。

フェアトレードは、生産者がまず組合を作ります。そして、この組合に対して、最低取引価格を設定することで、生活ができないほど市場価格が下がらないようにする仕組みが、フェアトレードです。

これによって、最低限の生産者の生活は保証されます。はい、多分、そのはずです。

フェアトレードの問題点

フェアトレードの仕組みには問題点も多いことが有名です。

一つは、フェアトレード内の組合や生産者の間でも搾取構造が成立し、末端の生産者に十分な報酬が行っていない可能性がある点です。

また、取引価格に対して、最低価格をつけることが難しく、市場価格が高い時に安い最低価格がつけられることもあります。

そして、何よりも大きな問題は、フェアトレードは、品質を高めるモチベーションに繋がる仕組みではない点です。
あくまで保証であり、組合単位で農産物は混ぜられてしまいます。

モチベーションが高い生産者もいれば、モチベーションが低い生産者もいます。

これらの生産者がえる報酬は、同じ相場によるものになります。

そのため、フェアトレードの仕組みだけを見ていると品質をよくしようという活動を阻害する仕組みにも見えなくはありません。

そして、フェアトレードの認証は、有料です。

仕組みを維持するためには仕方がないことですが、
弱者の生活を保証する仕組みが、弱者にぶら下がったライセンスビジネスと揶揄している人もいるそうです。

(まあ、この点の問題は、日本の農協及び農産物の市場の仕組みでも同じような問題はあります。生活の足しのために農業をやっている高齢の方の中には、規格に満たない品質の農産物を出荷する人もいらっしゃいます。ほとんどの人は、共選(出荷場単位で品質が決められ、価格づけをされる仕組みのこと)での出荷ですので、品質が悪いものが含まれていれば、他の農家の相場も下がります。)

フェアトレードとの向き合い方

フェアトレードの取り組みは、途上国の貧困を防ぐことです。

相場の最低保証であるフェアトレードの仕組みで協力できることは消費することです。。。

というのが一般的な意見で、フェアトレードのものを選んで消費することが、その生産地のためになるのかは疑問が残ります。

一番の問題は、それらの農場で働く人々が貧困であることですので、経済支援しかないと思います。
どちらかといえば、後述するレインフォレストアライアンスの方が合理的に思えます。

レインフォレストアライアンスとは?

農園の経営は、農薬や焼畑などで行われることで、環境破壊を引き起こすものです。

こうなってくると、それを食べる私たちも嫌ですし、生産国の環境もどんどん悪いものになります。

そのため、環境を守り、そこに働く人の生活を守るコンセプトであるのがレインフォレストアライアンスです。

レインフォレストアライアンスは、森林を守るために、環境、社会、農園の経営の持続性の3つの観点で、農園を認証し、全世界にその商品を流通させるものです。

このレインフォレストアライアンスでは、実習などの活動もされており、農園の生産性を高める支援も行われています。

そうすることで、農園の農産物に付加価値がつき、取引価格も上がり、そこで働く人々の生活も潤うという仕組みです。

まとめ

フェアトレードもレインフォレストアライアンスの仕組みでは、客観的に美味しいのかは見ません。

レインフォレストアライアンスの方は、結果的に美味しくなるかもしれませんが、フェアトレードだから美味しいということはまずありませんね。

もちろん、これはどちらも途上国で働く生産者の生活を守るためのものですので、守っていく必要はあるとは思います。





おすすめのウォーターサーバー

注文不要型のウォーターサーバー「ウォータースタンド」

宅配型のウォータースタンドは、結局水の加工費用にお金を支払う形になります。そのため、そこにかかる人件費分価格が高くなってしまい、節約するために料理に使えないなどが問題になりやすい特徴があります。ウォータースタンドは、水道水を濾過し、その水を天然水近い状態にするウォーターサーバーです。お家で濾過を行うため、人件費を節約できる上に、水は使い放題になります。メンテナンスの費用も月額に含まれています。

-コーヒーギフト

Copyright© 生き生きつや姫 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.