コーヒーギフト

スーパーのコーヒーとコーヒー豆専門店の違いはどこにあるの?

コーヒー豆に限定しなければ、コーヒーはどこでも購入することができます。

コーヒーの値段は数百円のものから上はカップオブエクセレンスなど天井がないものまであります。100g数千円の世界です。

なぜ、こんなに値段が違うのでしょうか?

その答えは非常に明確な理由があります。ここでは、安いコーヒーや高いコーヒーの違いや美味しいコーヒーの見分け方までご紹介したいと思います。

なお、おすすめのコーヒーの購入店はこちらで紹介しています。

美味しいコーヒー豆が購入できるおすすめのコーヒー専門店一覧

高級コーヒーギフトを贈りたい!オススメのコーヒーギフトとは?

コーヒーの値段の違い

コーヒーの値段は、そのコーヒー豆の希少性で評価されることがほとんどです。

ただし、コーヒーの値段の違いは、コーヒー豆の値段だけではない場合があります。

例えば、大手メーカーの場合は、全国にその商品を配送しなければなりません。
この商品は、同じ製品であれば、どの地域でも変わらない香味になることが大前提です。
そのため、同じ香味になるようなコーヒー豆を大量に仕入れる必要性があります。
量が多くなれば多くなるほど、取引では単価が安くなることが普通です。

それに対して、取引価格の小さな店舗の場合は、取引で優位性を発揮できない場合があります。

必ずしも、スーパーよりも美味しいコーヒーを個人のコーヒー豆店が売っているかと言われると、仕入れができているかできていないかで全然違うというのが答えになってくるかと思います。

ちなみに、スペシャルティコーヒー専門店の中には、コーヒー豆の購入の交渉に生産者にしにいく店舗もあります。そういった店舗のコーヒーは、やはり値段も高値になります。

スーパーのコーヒー豆とコーヒー豆専門店のコーヒー豆の違い

スーパーで販売されているコーヒー豆は、コマーシャルコーヒーと呼ばれるコーヒー豆を主体にしていることが多いです。

このコマーシャルコーヒーとは、生産量の多い国ごとに集荷されて先物取引で取引されるコーヒー豆のことです。集荷のイメージとしては、農協に集荷され、販売される米と同じような仕組みになります。

コマーシャルコーヒーは、生産量を重視して生産されます。
これは、生産者ごとの評価ではなく、量での評価がなされるためで、少しでも美味しいコーヒーをというよりは、少しでも量の多いコーヒーをを合言葉にして生産されます。

ちなみに、日本では美味しいコーヒーの印象付けがされているフェアトレードのコーヒーも、生産者が不利益を被らないように設定された最低保証でしかありませんので、美味しいコーヒーというわけではありません。また、複雑なことに、フェアトレードはライセンス料が有料であるため、中間搾取だと批判されることが多いですね。

>フェアトレードやレインフォレストアライアンスは美味しいの?

それに対して、コーヒー豆専門店は、グルメコーヒーと呼ばれるコーヒー豆を主体に使います。グルメコーヒーとは、プレミアムコーヒーとスペシャルティコーヒーの総称です。

プレミアムコーヒーとは、生産地でブランディングされているコーヒーのことで、生産制限を行うことで価格が保たれています。ハワイコナやブルーマウンテン、キリマンジェロが該当します。それに対して、スペシャルティコーヒーは、トレーサビリティー(生産者の追跡)ができるコーヒーであり、プロに80点以上の評価を得たコーヒーのことを言います。

スーパーでは手に入らない品質のコーヒーを取り扱っていることもあり、美味しいコーヒーのように感じます。

コーヒー豆専門店の中でもコーヒーの品質が違う

例えば、スペシャルティコーヒー専門店とグルメコーヒー専門店と言っているコーヒー豆店では、仕入れているコーヒー豆の品質が異なります。

また、コーヒー豆専門店の仕入れの方法でも、品質が異なってきます。コーヒー豆商社を通している場合と直接購入をしている場合があります。(ダイレクト・トレード)

この違いで、品質の良いコーヒーを安定して仕入れることができるか、できないか分かれます。

ダイレクトトレードを行っているコーヒー豆専門店の方が安定した良いコーヒー豆を扱います。

美味しいコーヒー豆が購入できるおすすめのコーヒー専門店一覧でも紹介しているコーヒー・ア・ゴー!ゴー!や丸山珈琲がダイレクトトレードを行っています。これらはスペシャルティコーヒー専門店です。



これらのダイレクトトレードを行っている店舗以外にもスペシャルティコーヒーは商社からも購入できます。そのため、実際には産地に買い付けに行っていないスペシャルティコーヒー専門店もあります。





おすすめのウォーターサーバー

注文不要型のウォーターサーバー「ウォータースタンド」

宅配型のウォータースタンドは、結局水の加工費用にお金を支払う形になります。そのため、そこにかかる人件費分価格が高くなってしまい、節約するために料理に使えないなどが問題になりやすい特徴があります。ウォータースタンドは、水道水を濾過し、その水を天然水近い状態にするウォーターサーバーです。お家で濾過を行うため、人件費を節約できる上に、水は使い放題になります。メンテナンスの費用も月額に含まれています。

-コーヒーギフト

Copyright© 生き生きつや姫 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.